片付けサービスメニュー

【作業実例】小学校1年生の学用品周りを一緒に片付けました

新しいランドセル、まっさらな教科書、勉強机にランドセルラック。新生活がはじまってワクワクの毎日…のはずがいつの間にか机が物置状態になっている(涙)。そんな親子さんの悩みを解決するべく、片付けサポートに入った時の様子を写真つきでご紹介します。そこにどんなドラマがあったのか、乞うご期待♡
 

新1年生の机、すでに混乱しています

ご依頼いただいたのは、新一年生のお子さんの机周り。手先が器用でいろんなものを作るお子さんと、学校で必要なものが一緒になってしまい、「すでに混乱しています」とご連絡が来ました。
 
机の片付け
当日は、こちらをお子さん主役、お母さん見守り、山田がサポートの立ち位置で、片付けの順番から実際まで伝え繰り返していきます。

片付かないのはちゃんと理由があって、一つ一つ見ていくと、きちんとあるべき場所へモノが収まっていきます。

「これは使いたい?」
「これは読みたい?」
「ここはこうしたらどうかな?」
「それはいいアイデアだね、一回やってみようか」

そんな会話をしながら、整理し、収納していきます。

子供の片付けは集中力の持続が難しいのですが、とても集中力・判断力あるお子さんで、終始楽しく片付けることができました。

一緒に上のお子さんも片付けることに

1年生のお子さんの上のいるお兄さんも、お母さんと一緒にプリント類を片付け始めました。今まで使っていたランドセルラックを処分し、別室で使われていた収納ラックを新たに学用品置き場に設置。
 
お母さんとお子さんのやりとりにちょっと疲れが見えた時に、お母さんと1年生のお子さんのサポートをバトンタッチして私が入ることで、気持ちが切り替わり、さらに使いやすい場所に変身。
 
お仕事お休みだったお父さんも外回りを積極的にサポートしてくださり、新たな収納用品をサポート時間内に購入に行ってくださいました。
 
ご家族みんなで片付け!!素敵なチームワーク♡

小学生の机周りの片付けアフター写真

片付くルールを一緒に決めて、モノのお家のラベルも貼って「できたー!」と嬉しそう!

片付けた写真はこちら↓
 
床面積が増えて、空いたスペースで早速本を読むお子さん。その後も自分で決めた場所にモノを戻せていて、よくできました!な片付けとなりました。

ちなみに、今回の作業時間は4時間でした。お2人のお子さんの学用品周りを片付けは、時折休憩をいれながらのゆっくりペースで進行でした。

空間が乱れやすい時期だからこそ片付く仕組みを作ろう

新学期、新生活、引っ越しなど生活の変わる時期は、空間が乱れやすくなるもの。
そんな時に、人の手を借りて自分で片付けられる仕組みを作ると、ストレスが激減して、さあ、やろう!と気持ちが前向きになります。


お母さんが全部お子さんのものを管理しなくていいし、片付けなさいって言ってるでしょー‼︎と鬼にならなくてもいい。

 
片付けへの投資は、自立につながる第一歩。 
 
 
片付けサポート頼むまで年単位で悩まれる方が多いんですけど、頼まれた皆さんがみんな仰るのが
「早く来てもらえればよかった」。 

お子さんの片付けに悩む親御さん、
片付けのプロに依頼してサクッと解決しませんか(^_-)-☆
 
自宅へのサポートは3時間から、オンライン片付けサポートは1回1時間です。 
 
ABOUT ME
山田明日美
夫、小学生2児の母。 愛知県長久手市在住 おうちマネジメント ライフオーガナイザー® 起業女性に、豊かさを生み出すビジネス整理術を伝えている。一主婦から起業し、全国にクライアント多数。起業女性の社会進出支援と次世代への片付け教育をライフワークとしている。テレビ・ラジオや自宅片付けアイデアが全国配信されるなどメディア出演も多い。 「片付けで起業ママを応援し、女性がもっと輝く社会を実現する」を 掲げ日々活動中。
error: Content is protected !!