作業実例

【作業実例】事務所の机を2時間で劇的ビフォーアフター

「自分の机にどこに何を置いていいかわからない」「置く場所がなくて、床に直置き」「スタッフから片づけてほしいと苦情がきているけれど、どうしていいかわからない」そんなお悩み、ありませんか。今回日々多忙を極める方の机を一緒に片付けたことで、ある大きな変化が起こりました。写真の実例もご紹介します。

積読の書類…「片付けできない人間なので」。

「机を片付けてほしいんです。」

そうご依頼があったのは大型連休中のこと。ちょうど空いていたので連絡をもらった次の日に伺うことになりました。

スッキリした机が並ぶ中で、自分の机だけこの状態とのこと。


「自分の机に、どこに何をどうやって置いていいかわからないんです」「置く場所がなくて、床に置いていたら、スタッフから 床にモノを置かないでと床にラベリングされました」「スタッフから片づけてほしいと何度も言われているんだけど、片付けできない人間だから…」

日々スタッフをまとめる立場にあり、忙しく片づける時間もない。
片付けに対して、諦めてます、といった印象でした。

片付けできないのは能力のせいじゃない

いつもお話するのですが、

片付けができないのは能力や資質ではなくて、うまくいく方法を知らなかっただけ。

つまり、機会や成功体験の少なさが原因であるということです。

机の片付け、いざ実践&こうなりました

リバウンドしにくい片付けのステップを説明し、この机の目標を決めていざ実践へ。

机の片付け
ご自身の机周りのものを全部出して、種類や用途で分けていきます。

「これ探してたんです!」「これはもう使わないな」「これはこの場所じゃなくていいな」

そんな気づきが沢山あったご様子。

モノを見直していくと、この場所、仕事で必要なものが厳選されていきます。

「これはどこに置いたらいいですか?」というご質問に対し、使用頻度でモノを収めていく収納をご提案。必要なものが必要なところへきちんと収まりました。

机の上に新たに収納用品をセットして…

片付いた机はこちら↓

デスクの上、見事な余白。

この状態を維持できる仕組みを一緒に考えて、片付け終了となりました。

片付け後、

ここにきて、こんな風に片付いたのは初めてです。
休み中にキレイになって本当によかった。

どうもありがとうございます」

とご感想を頂きました。 

数年来のお悩みをたった2時間で解決です!!


やりました!

書類整理におすすめファイルボックスの一例

余談ですが…

机の上に載せた収納ボックスは、コクヨさんのカタスというファイルボックス。
コクヨカタス
(商品ページよりお借りしました)

事務所の机がコクヨさんのもので、ぴったりと引き出しに収まる姿に一人で萌えておりました!!

立てて良し横にして良し運んで良し。
ファイルボックスも奥が深いのです…(うっとり)

片付けのその後は? 

数日後「その後いかがですか?」と聞いたところ、次のような返信をいただきました。

「おかげさまでみんなにえっへんってなれました!

まだキレイなまんまです!ありがとう(^^)」。

職場の最適化で益々の商売繁盛、おめでとうございます!!(予祝♡)

片付けサポートについて

忙しい毎日だからこそ、最速で片付く仕組みを作って、さらに豊かな未来を引き寄せてみませんか。

まずお気軽にお問い合わせ下さい。 

ただ今、新規の方は6月以降の受付となります。

ABOUT ME
山田明日美
夫、小学生2児の母。 愛知県長久手市在住 おうちマネジメント ライフオーガナイザー® 起業女性に、豊かさを生み出すビジネス整理術を伝えている。一主婦から起業し、全国にクライアント多数。起業女性の社会進出支援と次世代への片付け教育をライフワークとしている。テレビ・ラジオや自宅片付けアイデアが全国配信されるなどメディア出演も多い。 「片付けで起業ママを応援し、女性がもっと輝く社会を実現する」を 掲げ日々活動中。
error: Content is protected !!