IKEAのスクッブに子供の作品をいれてみました

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています
子どもの作品

我が家には小3と年中の2人の子供がいます。

それぞれに持ち帰る作品。
画用紙に大きく書かれた絵は普通の収納ボックスには入らず
飾るか処分するかしかありませんでした。

しかし!

出会ったのがIKEAのスクッブという収納用品。
大きめ画用紙もきれいに入ったので今回ご紹介いたします。

目次

IKEAの収納用品 SKUBB(スクッブ)シリーズです

衣類の収納でよく紹介されているのが
IKEAのSKUBBシリーズ。

サイズが色々ありますが
今回作品いれにしたのはこちら↓
IKEAスクッブ

IKEAスクッブ

サイズはこちら☝をご確認ください。

商品ページはこちらから

お1つ999円也。

組み立てます

IKEAスクッブ
畳まれた状態から底板をダンボールパネルを入れて自立させます。

角に通気口あり。
圧縮袋などで別に密閉したものを入れるならよさそうです。

子どもの作品を入れてみました


幅54センチの画用紙も入ります♡
学年で持ち帰ってきた本人が残しておきたい
紙ベースの作品や思い出を入れていく箱にします。

誰のモノかわかるようにしるしをつけてみました

子供たちそれぞれの箱がどちらか分かるように
タグを付けました。
小3娘に自由に書いていいよといったら、
片付けタグ付け
自分で書いた言葉なので何が入っているか思い出せることでしょう( ´艸`)


娘は赤タグ 息子は青タグで。

押し入れの天袋に収納します


押し入れ天袋の奥へいれました。

IKEAのスクッブを使ってみての感想

いいなと思った点
・軽い
・画用紙がきれいに収まる
・軽いものは重ねて置ける

向かないと思った点
・重いものを入れると取っ手がちぎれそう(実際ちぎれた事例あり)
・密閉した状態で保管したい際は、別袋にいれてこちらに入れる手間が増える
・毎日開けたりすると手あかから本体が黒ずんでくる

場所やモノによって収納用品も選ぶ必要があると
思った一例でした。

思い出も大事に。

今迄は飾るか処分だけでしたが、子供の成長も感じられる紙の作品もこの箱一つに収まる分を持つと決めると、子供たちも嬉しそうでした(^^)v

まるで思い出玉手箱のような♡
これからも作品とともに子供の成長を感じられる
楽しみが1つ増えました✨✨

お子さんの作品の保管の参考になりましたら
幸いです🌸🌸

よかったらシェアおねがいします♪
  • URLをコピーしました!
目次