片付くヒント

引っ越し後24時間で全てのダンボールを片付ける3つの方法

引っ越しする時にモノをいれるダンボール。引っ越ししてもなかなか片付けず、ダンボールに入れたまま数年…なんてお家もあるのではないでしょうか。どうやったら早くモノを収めて、普段通りの生活を送れるようになるのか。今回は、できるだけ早く全てのダンボールを開けるポイントをご紹介します。ダンボールに囲まれた暮らしにセイグッバイしちゃいましょう!

引っ越しのダンボールを早く開けたい!

引っ越し…それは、自宅のモノの見直しをする絶好の機会でもあります。

ただ…。

当たり前なんですけど、部屋にダンボールが多くなりますよね。そうすると、なんか落ちてきそうとか、落ち着かなくなったりってありませんか?

今回、日々積まれていくダンボールの山を見て、非常に思考がざわつきました。視覚を通しての「異物感」がすごくて、一日も早く引っ越したいと日々ストレスがたまる状況に。

引っ越ししたらできるだけ早く視界からなくす!!と誓う山田。

そして、最速でダンボールを開けるために、次の3つを行いました。

①モノを厳選する

先述しましたが、引っ越しってモノの見直しをする絶好の機会。新居での収納をできるだけ負担を減らすために、モノを厳選すること(=数を減らす)を徹底しました。天袋を中心に使用頻度でモノを見直し処分、種類が多いキッチン用品も多機能のモノを中心に残しました。子どもや夫の私物はすべて本人に任せて箱詰め依頼。

それでも引っ越し業者から渡されたダンボール50箱をすべて使用。当日は、引っ越し業者さんが持ってきた古ダンボールに入れてくださいといわれて言われたものもあり、PCなどの精密機械や貴重品は、IKEAのショッピングバッグにいれて運ぶことに。

数が少なければ労力も減らせるので、ここは時間をかけて、モノとの対話をおすすめします。

②新居の採寸や撮影、収納プランをたてる

新居の内覧に入った際、家族で協力し合い、壁4面の写真撮影と採寸を行いました。


キッチンやクローゼットの間口や奥行や壁の高さまで。カーテンレールの高さが高くて、新しいカーテンを入居前の購入リスト入り。重いものや傷が入りやすそうな家具を置く場所にはタイルカーペットを引こう、とか。

内覧から帰宅して、時間をわけてですが自宅の部屋の割り振りと、各部屋の家具の置き場所やクローゼットの収納プランを立てました。(この時間が一番楽しかった!)


↑収納案です

そして、収納プランを家族にプレゼン、この部屋で何をしたい、だから何を置きたい、という話をしていきます。
そうすると、これはここじゃなくていいとか、この家具は持っていけないという結論が出まして、不要な家具を譲ったり、引っ越し前日に粗大ごみとして夫にごみセンターに持ち込んで処分してもらいました。

今回手放した収納家具は、こちらのシェルフでした↓

準備が大事。ビジネスも引っ越しも。(`・ω・´)♡

③役割分担をする

さあいよいよ引っ越し当日です。搬出作業は大体2時間弱(うちは90分でした)、搬入作業は1時間45分でした。(大体4時間かかる目安)

引っ越し直後↓

ダンボールの山。

今回、金曜日に引っ越しでした。前日午後から夫が半休をとり、当日も休み、そのまま週末で片づける予定を立てました。

夫担当:前の住居の立ち合い、手続き、家具組み立て、夕食や必要なものの買い出し、自分の本棚や夫婦共有のクローゼットを収納する

私:収納プランに合わせて、業者さんに家具の配置の指示、子供部屋以外の収納をひたすら行う

子供部屋にはここで使う収納用品をおいただけ。
あとは帰宅した小6娘に収納は任せる

小2息子は、まだ自分ではできないので今回私が担当。

どこから収めるか、ということに関しては「押し入れ」を優先することに。収納容量が多いので、入れることができると一気にダンボールを減らせるから。リビング横の洋室の息子の学用品周りとクローゼットからスタート。収納プランと以前の収納案を基本そのまま生かし、収めたい場所に収まらないときでも、その時のベストでどんどん入れていきます。

洋室にあるクローゼットと押し入れを終わらせたら、夫が手続きから帰宅したので、無印のキッチンカウンターを再設置。

引っ越し直後↓

↓ユニットシェルフ設置後

(旧型?のサイズらしい我が家のユニットシェルフ。後ろのパネルがどうしても1か所ねじがはまらず、浮く事態になっているのは秘密です)

子どもたちが新居へ帰宅後、大体の収納の提案とゴール共有をして、後は小6娘にお任せ。小2息子には空いたダンボールをたたむことをお願い。

夫が買ってきたお弁当を食べた後も、ひたすら収納。12時に搬出作業が終わり、22時の10時間後には、9割近いダンボールをあけて就寝。

翌日も午前中から収納。娘も自分の場所のダンボールをあけて、12時に全てのダンボールをあけてたたみ終わりました。

ダンボールがない。

もう一度いうけど、
ダンボールがない。

なんてストレスフリーーーーーーーー!!!!!!

引っ越し2日目の朝。↓

「なんかもう1年くらいここに住んでますみたいな感じで、正直びっくり」という夫。

今回の時系列はこちら↓
引っ越し当日 ほぼダンボールを開ける
1日目 全てのダンボールをあけて所定の位置へ収める
2日目 午前中ゆっくり寝る

引っ越し後の生活がスムーズに始められるには

「モノを厳選すること」「新居の採寸や撮影、収納プランをたてる」「役割分担をする」ことで、かなり早くすすめることができました。



特に今回の引っ越しで学んだこと、
それは
「モノが多いととにかく大変」。

同じ状況を5年後、10年後できるかと思うと「無理だ」という結論に至りました。

家族のライフステージに合わせて、モノを持つ数を定期的に見直すことで、できるだけ労力が少ない引っ越しも叶うということ。死んだらほぼゴミになる遺品整理の現実から、「自分で手に入れたものは自分で片を付けること」を意識して暮らしていこうと改めて思ったのでした。

ダンボールをそのまま使うとどうなる?

余談ですが…

引っ越しして何年もあけてないダンボールがあるとしたら、早急にあけてモノの見直しや、適正な収納用品入れ替えましょう。

適度な湿気がGの住処になりやすいから!!!

こちらを参考に

引っ越しの際に、早く片付けられるには

片付けが苦手な人にとって、引っ越し日にすぐモノを収めることは難しいことだと思います。
1つの提案として、引っ越し前後で片付けのサービスを入れることで、確実に時間も負担も減らすことができます。全部自分が頑張らなくて大丈夫。「探さない暮らし」のスタートは、引っ越しのタイミングがベスト!。

どこからやったらいいかわからない、などありましたら、お気軽にご相談くださいね。
片付けのご相談はこちらのお問い合わせから「個人セッション」で対応しています。

お問い合わせはこちらから

ABOUT ME
山田明日美
夫、小学生2児の母。 愛知県長久手市在住 おうちマネジメント ライフオーガナイザー® 起業女性に、豊かさを生み出すビジネス整理術を伝えている。一主婦から起業し、全国にクライアント多数。起業女性の社会進出支援と次世代への片付け教育をライフワークとしている。テレビ・ラジオや自宅片付けアイデアが全国配信されるなどメディア出演も多い。 「片付けで起業ママを応援し、女性がもっと輝く社会を実現する」を 掲げ日々活動中。
error: Content is protected !!