片付くヒント

コクヨの片付く仕組みを見にいってきました

誰もが一度は
使ったことがあるんじゃないかと思う
「キャンパスノート」や文房具で
有名な会社「コクヨ」
 
 
こちらのコクヨさん、
50年前から「コクヨライブオフィス」という
オフィスを無料見学できる企画を
開催されていまして
片づけ仲間と行ってきました。
 
 
片付けメルマガ

実際行ってみたら

見学に伺ったのはこちら↓


(写真お借りしました)

 

室内の撮影が禁止だったので

写真がありませんが
 
名古屋駅近くの一等地
JPタワー36階という
とんでもなく見晴らしのいい
さすが大手企業!といった空間で
社会見学でした。
 
 
コクヨの歴史は便箋から始まったそうで
みたら、あ!これ実家にあった!
な便箋が飾ってありました。
 
私はオフィス勤めをしたことがないので
時代の先端を行く会社のオフィスって
どんな感じなんだろう?と
 
 
移転して数年だそうですが
内装がきれいなのはともかく
沢山の人が働いているのに
凄い清潔感
 
ゴミ箱も数が限られて
デスク上はみなさん整理されているのが

とても印象的でした。

新作の文房具や
みたことない商品まで
あれもこれも時間が足りません!!

 

使われていた収納用品の一例をご紹介

 
机の上にあるのはこちら
カタス
 

(コクヨHPより)
 
 
立てても良し
横にしても良し
持ち運び良し。
 
 
なんておりこうさんなんですか!!
 
 
 
 
一部の方を覗いて
固定したデスクがないので
みなさん社内で持ち歩いているのが
こちら
 
モ・バコ
 
 
フェルト生地で多機能です。
 
帰宅時は会社用PCも入れて
指定されたキャビネットに入れるんだそうです。
もちろん指定のキャビネットにも
誰が入れていいのか名前も書いてあります。
 

 

基本、書類はデータ管理だそうですが
紙類で持つ場合は
1人ファイルボックス6個まで」と
置く場所も決まっていました。
 
 
書類の入ったキャビネットは
黒字のテプラに白の文字
 
誰が見てもわかる
アイコンでラベリング
 
防災用品もばっちり完備
デッドスペースも逃しません。
 
 
仕切りのない1フロアは
社員の意見を取り入れて
どんどんブースを変えていくそう

実際、先ほど掲載した写真より
配置が換わっているところも多々あり。

 
支店長の席は
フロアど真ん中にあるcafeスペースの
一席にあり、
気軽に声をかけられるような環境に
しているそうです。
 
 
「これが困った」から
じゃあどうする?」をカタチしていて
これだけの社員がいて
モノが厳選され
圧迫感がないのは
 
つねに
「パフォーマンスが上がる環境へ
見直ししていること
なんだなあと思ったのでした。
 

名言いただきました

 
社員さんが最後言っていたのは
 
「どんなに機能が
素晴らしくても
使いこなせなければ
意味がないと思っています」
 
 
ここにコクヨさんのモノへの
リスペクトを感じた山田でした。
 
 
 
自宅をオフィスにしている人で
机まわりを整理したい人はこちらおススメ
 
 
 
 
最後にお土産でもらった
キャンパスノート。
 
 
黒と白の2冊もらったんですけど
 
表紙に書かれている文字に
心打ちぬかれる山田。
「Thank you for visiting
KOKUYO NAGOYA LIVE OFFICE」
 
 
 
コクヨ、買うよね。
 
 
 
( ´艸`)
 
 
 
あなたの街にもあるかも
コクヨライブオフィス。
ぜひ進化する働く職場を
見に行ってみてくださいね♪
 
 
 
ご自身の作業スペースの
効率化のヒントになりましたら幸いです✨✨
 
ABOUT ME
山田明日美
山田明日美
夫、小学4年生、年長の子供の4人暮らし。 愛知県長久手市在住 ライフオーガナイザー® 子供からオフィスまで幅広く一人一人に合った片づけを伝えている。 自分・家族の「好き」「大切」を生かした空間作りや提案が好評。 分かりやすい内容に、受講後に片付け始める人が続出。 特に子供向け講座では、その日から自ら片づけるお子さんの姿に 親御さんから嬉しい報告をいただくこと多数。 好きなキーワードは 「迷わない、探さない、頑張らない」。 活動4か月で大阪で講座開催、 半年で東京で開催、 長久手市民支援起業塾のゲスト講師で登壇 活動9か月で福岡で開催 1か月で講座に47人集客。 「片付けることは夢をかなえることと同じ」を モットーに日々活動中。
片付けメルマガ
error: Content is protected !!