片付くヒント

「幸せ」と言葉にでてくる環境へ

言葉の魔法

風邪で寝ていた一日、夫と子供は法事で夫実家へ行き
私一人でした。

 

私はずっと寝ていたのですが、
夫は食器を洗ってくれて洗濯物を干してくれて
着替えも子供たちと一緒に準備して

「ありがたや~ありがたや~」と
ぼんやりとした意識の中で合掌。
   

世の中には奥さんが体調悪い時に

「俺の飯は?」と聞いてくる夫がいるそう。

 

悩む母

しらんがな。

 

なんでも親がやってきた結果がこれなのね。。。と

     

夫の母に「なぜ〇さん(夫)は自分で自分のことを全部できるんでしょうか」
聞いたことがあります。

「忙しくてかまってあげられなくて
結果的にそうなっただけなんじゃないかな」と。

   

3世代で生活しながら家事も育児も仕事もこなしてきた夫母。
夫は高校生の時からお弁当は自分で作っていたとのこと。

「すごい(夫母)が忙しかったし、自分でやるのは自然だった」と

 

男子のお弁当

 

もし、母が「ご飯の準備をできない私は母親失格だ」な信念があったら
全部1人で抱えてこなし、夫が今のように家事をすることもなかったのかなと。

 

以前小学生向け片付け講座にお越しくださったお母さんが

「全然自分で自分のことしないんですよ。
 自分でしないから、全部私がしちゃうんですね」

・・・答え出てる。。。(;’∀’)

 

片づけ出来ない理由はいくつかありますが

この場合は、

「お子さんが片付け方が分からない」のと
「お母さんが思ったように片付けることを片づけだとこのお母さんが思っている」

要因ではないかと思います。

お子さんの自立を願いながら
自分の思うようにならないとなぜしないのかと怒る。

 

片付けで喧嘩

 

わかります、わかりますとも。
子どもは親と別人格をわかっていても
そう思う気持ち。    

 しかし、その矛盾を抱えたまま子どもと接していると子どもは結局、

親は自分のいうことしか聞いてくれないじゃんとなります。
  
  
好きなモノが違うように
好きな片づけ方も違う。
 
 
内気な子、活発な子、繊細な子、大胆な子がいるように
ざっくり入れたい子、綺麗に並べたい子、掛けたい子、飾りたい子
みなそれぞれ。

       
「こうあるべき」が強い人ほど視野が狭くなるので
いろんなところに怒りやモヤモヤが生まれやすくなります。

 

嫌なら、どうしたら嫌じゃなくなるのか
どうしたら私の負担を減らせるのか

「自分はどうしたいのか」の自分軸で考えることが
解決の糸口につながります。

いつまでも人に期待しないで、責任にしないで
じゃあ、私はどうしたら嬉しいんだろう?という着地点。

時短家事

熱が下がり、少し楽になって
自分の今やりたいことは何?と自分に聞いてみると

「うどんがたべたい」
「熱いお茶がのみたい」
「シャワーを浴びたい」

普段は家族と一緒に過ごす時間が自分1人だったので
とことん自分のやりたいことを優先しようと。
   
小さいことですけどね、
1つ1つこなしていくと
「幸せ」って自然と言葉が出てくるんです。
 
 
 

自分の機嫌は自分でとる。

そのために心のゴールデンゾーンに
何を置くかが大事になってきます。

無印収納

あなたの心の中は、
どんなラべリングの感情が並んでいるでしょうか。
   

 

もし、人からの言葉に傷ついて怒りが長続きするなら
「他人軸」が優先順位高いところにあるかもしれません。

 

自分だけの大切な場所「心の中」。

心の片付け

 

 

あたたかく、どんな自分も受け入れてくれる
そんな場所でありますように。

 

 

ピンク音符ピンク音符ピンク音符ピンク音符ピンク音符ピンク音符ピンク音符ピンク音符

 

自分に合った片付けで、起業も家事も圧倒的に楽になる!
なりたい暮らしがかなう無料メール講座

右差し詳細はこちらから

 

片付けの順番、事例を知りたい方はこちら

右差し利き脳片付け®収納術講座

(名古屋市吹上で開催)

 

モノ・時間・情報・心の整理をされたい方はこちら

右差しマイスタイル片付け講座(来春以降開催)

 

親子で片付けを学びたい方はこちら

右差しあいうえおかたづけ講座(小学生対象)

 

ご自身にあった片付けアドバイスを知りたい方はこちら

右差し片付け相談@zoom

 

忙しく一人で片付けが難しい方・片付けサポートに入ってほしい方はこちら

右差し片付けサポート

 

ツイッターバナー

 

 

ABOUT ME
山田明日美
山田明日美
夫、小学2年生、年少の子供の4人暮らし。 愛知県長久手市在住 ライフオーガナイザー® 子供からオフィスまで幅広く一人一人に合った片づけを伝えている。 自分・家族の「好き」「大切」を生かした空間作りや コーチングの知識を生かした提案が好評。 片付け講座を定期的に開催している。 「片付けることは夢をかなえることと同じ」を モットーに日々活動中。
error: Content is protected !!