片付くヒント

捨てる片付けは極端なダイエットと同じ。

片づけって捨てること?

始め、私が「片付け」に対して思っていたことは
「いかにモノを捨てることができるか」ということ。

ミニマリストという存在を初めて知った時
ものすごく驚愕した記憶があります。

「たったこれだけで生きていけるんだ!!」と。

厳選された食器や家電、ペンまでがゆったりと置かれて
幸せそう。。。

ミニマリスト
毎日ミニマリストのブログを眺めてはため息。
なぜ我が家は片付かないのだろう・・・

でも感じていたことがあります。

好きなモノは持っていたいし、空間の余白がありすぎて
殺風景にうつるし、子どもがいないからできることじゃないの?」

使わないから捨てる、使用期限が切れているから捨てる、
まではなんとなくわかっても
「捨てるものを探す」という行為がどうしても腑に落ちませんでした。

捨てるものを探す片付けは時間がかかる

今、ライフオーガナイザー®という片付けのプロとして
活動していて思うことがあります。

「捨てる片付けは極端なダイエットと同じだ」ということ。
あくまで私見ですが。

そもそも、なぜ捨てたいのでしょう?

・・・
・・・

無駄なものに囲まれて大事なものがすぐに出てこないから。
スッキリした空間で過ごしたいから。
モノがあふれて家が落ち着かないから。

色々でてくると思います。

例えば1日に1つ捨てると1年で365個処分できることになります。
家族一人につき2500点ほど所有しているというデータがあり
そのうちがいくらか減ればスッキリとした感じは得られるでしょう

しかし、1日1捨てって、続かないんですよ。
コツコツまめな人ならともかく、多くの人が途中で挫折します。

捨てる基準が
「壊れている」「使用期限が切れている」という
分かりやすい基準で処分できるものはすすみますが

何年も使っていなくても壊れていない状態がいいもの
思い出のモノ、家族の共有のものは価値観が大いに関係して
捨てるスピードが格段に落ちます。

リバウンド
もう・・・いいんじゃない

捨てて残ったモノは「捨てられなかったモノ」に映り
新しく選ぶモノにどんどん自信を無くしていきます。

これもいつか捨てるのかな、、
捨てるモノがないんだけど、、これって捨てられない気持ちがあるから?
捨てられない自分ってダメかも、、、。

もし1年1捨てを続けてモノを減らしたことで
「自分にとって必要なものはこれだった」と気づく機会になればOKですが
それならば最初から
「自分にとって何が必要か、絶対に使うものは何か」
はっきりとさせて選び取り残りは処分もしくは保留にするほうが
片付けたその日から使いやすさが手に入るので、結果が早いんです

捨てるものを探すより、使うものを選ぶ。
自分で使う、残す、と決めたものは忘れないし
モノの定位置も決めやすいんですね。

片付けできる
これはここ、それはあっち

家族ともぶつかります

捨てることを続けていると
ご家族にも同じように「捨ててよ」という回数が増えていきます。

でも、皆それぞれ価値観が違うので
「片付けは捨てること 使わないものは捨てるべき」という
「自分の正義の荷物」を押し付けることにもなり
家族から反発が続出します。(私はこれを夫にした過去があります)

「相手のものを自分で管理しようとする」荷物。

なぜやってくれないの
なぜ捨ててくれないの

という感情が片づけに対して
家族に軋轢を生んでいくんですね。

夫婦喧嘩
捨てて!捨てない!

捨てればいい。
それは「痩せればいい」と極端に食事制限をするダイエットと同じ
とにかく捨てて捨てて
とにかく食べなくて運動して

なぜ痩せたいのか、痩せてどうなるのが理想なのか
不調をきたさないように続けられる方法が何か
そこがないまま進めることで一時的に痩せても
肌はがっさがさ、メンタルは落ち、食べる量が増えて
リバウンドにつながります。

片付けも同じ。
やたら捨てた後に襲ってくる心の空虚感に
どんどんモノで埋めようとする行動になっていきやすいんです。

大事なのは基準をもつこと

捨てること以上に大事なのが
「モノを入れる基準」を持つこと。

もし1日1捨てしても、家族が1日に4つ家にいれていたら、
(例)
・ペットボトルについているグッズ
・粗品でもらったスポンジ
・起業家がすすめていた本を購入
・頑張る自分ちょっとしたご褒美 など

家族4人×4ついれる×365日=5840個
1日1捨て×365日=365個
5840−365=5475個

・・・

・・・・。

捨てても増えてるよ?( ;∀;)

片付け方
あれなんでーー!??

捨てる基準以上に、
「どうモノを持つのか、入れるのか」を考えること。
同居しているご家族がいるならなおさら。

いつだって簡単にモノが手に入る時代。
だからこそ「私に 家族に必要なものは何?」を考えることで、
モノが使われ、循環し、無駄なお金が生まれないことに
繋がっていきます。

結局、片付けって「生き方」につながるんですね。
自分で選んだもので人生ができている。

 

なぜそれを捨てるのですか?
モノを買う基準は何ですか?
それはあなたにとって楽しく続けられる方法ですか?

価値観をはっきりして進めると
自信をもって「これがいい」といえるようになり
「ありがとう」と手放せる機会が増えていきます。


家族と片付けがぶつからないためにも
「捨てる」片付けより「残すものを選ぶ」片付けを。

片付けが苦手な起業ママに

自分に合った片付けで、起業も家事も圧倒的に楽になる!
なりたい暮らしがかなう無料メール講座
詳細はこちらから

片付けの順番、事例を知りたい方はこちら
利き脳片付け®収納術講座
(名古屋市吹上で開催)


モノ・時間・情報・心の整理をされたい方はこちら
マイスタイル片付け講座(来春以降開催)

親子で片付けを学びたい方はこちら
あいうえおかたづけ講座(小学生対象)

ご自身にあった片付けアドバイスを知りたい方はこちら
片付け相談@zoom

忙しく一人で片付けが難しい方・片付けサポートに入ってほしい方はこちら
片付けサポート
※月に1組様限定

 

ABOUT ME
山田明日美
山田明日美
夫、小学4年生、年長の子供の4人暮らし。 愛知県長久手市在住 ライフオーガナイザー® 子供からオフィスまで幅広く一人一人に合った片づけを伝えている。 自分・家族の「好き」「大切」を生かした空間作りや提案が好評。 分かりやすい内容に、受講後に片付け始める人が続出。 特に子供向け講座では、その日から自ら片づけるお子さんの姿に 親御さんから嬉しい報告をいただくこと多数。 好きなキーワードは 「迷わない、探さない、頑張らない」。 活動4か月で大阪で講座開催、 半年で東京で開催、 長久手市民支援起業塾のゲスト講師で登壇 活動9か月で福岡で開催 1か月で講座に47人集客。 「片付けることは夢をかなえることと同じ」を モットーに日々活動中。
片付けメルマガ
error: Content is protected !!