片付くヒント

いつか使うかも、のモノがいっぱいな人だけ読んでください

片付けよう!そう思ってモノを見直していくと、出てくる「いつか使うかもしれない」モノ。うーん、使えるしなぁ…と思ってまた元の場所に戻す、みたいなこと、ありませんか。
 

今日は、そんな人に向けて、スッキリ片付く考え方をお伝えします。刺さる方続出!?の内容はこちらから。

会ったときだけ愛想がいい人、いませんか

場所があるから、使えそうだから、高かったから、もらったから捨てると悪い気がして、もう手に入らないから、昔好きだったから、時間もお金もかけたから、もったいないから、表彰されたから
 
いろんな理由で、モノが使われずに何年も放置される。そんな状況になっていませんか。
 
さて、この状況を別の視点でみてみましょうか。
 

例えば。

何年も会ってなくて、連絡もない友達がいてばったり街で会った時、「わー!会いたかった!またランチに行こう!」というくせに全然連絡がない。

その時だけは愛想よくて、何年も同じ対応されてもはや会いたくもないあの人は都合いいよね!

ということ。


でも、これ実は同じことを自分がやっちゃってます。

都合のいい人、一周回って自分じゃない?

クローゼットや棚には、まさしく同じような対応で残されたモノたちが眠っています
ほこりをかぶり、劣化して、家に来た時のときめきはもう思い出せない。もう、そこに愛はないのに使うイメージなんてないのに
 
都合よく残して何年も手に取らないことが、どれだけひどく残酷なことであるか、無視されて辛いのは人もモノも同じです。
 
本は沢山あるのにみたい本がない

目の前に山ほど服があるのに着たい服がない
使えるものは沢山あるのに、使いたいものがない

これだけ沢山のモノがあるのに満たされないとしたら、

何が自分にとって本当に必要なんだろうか

そんなことを考えてほしいという、自分の本心からのメッセージと思って受け取ってみてください。

持っているモノが自分の時間を奪っている

手にもてる幸せは、限りがあります。 

モノを持てば持つほど管理の手間が増えに増えて、静かに自分の時間を奪います


自分でいいと思っていたモノが、自分の負担になっているとしたら、それはすでにキャパオーバーです。

あなたのおうちに寂しい思いをしているものはありませんか。 
いつまで冷たくひえたままにしておきますか。
そんな関係を人と持ちたいですか。

そして、

そこに愛はあるんか。

 
 
この投稿を読んで下さるあなたが、モノともいい関係を築けることを心から願っています。
ABOUT ME
山田明日美
夫、小学生2児の母。 愛知県長久手市在住 おうちマネジメント ライフオーガナイザー® 起業女性に、豊かさを生み出すビジネス整理術を伝えている。一主婦から起業し、全国にクライアント多数。起業女性の社会進出支援と次世代への片付け教育をライフワークとしている。テレビ・ラジオや自宅片付けアイデアが全国配信されるなどメディア出演も多い。 「片付けで起業ママを応援し、女性がもっと輝く社会を実現する」を 掲げ日々活動中。
error: Content is protected !!