片付くヒント

仕事出来ない人間に認定してませんか?

ダメ社員

こんな社員いませんか?

今回はたとえ話から一つ。
 
 
あなたは、新入社員である会社に入社しました。
同期の新入社員Aさんと仲良しです。
 
色々一通り教えてもらうあなたとAさん。
新人同士、一生懸命頑張っています。
ミスもするけど、一緒にフォローすることで
お互いに感謝し頑張っています。
 
 
そして3年、5年、10年とたちました。
 
あなたは変わらずAさんと同じ部署で働いています。
Aさんも部下をもっていますが

部下から不満が聞こえてきます。

 
毎度言うことが曖昧でどう動いていいか分からない。
しかも指示が曖昧なのに、自分も行動に移せてない。
 
終いには<私、仕事できないからさ>と開き直るんです
 
 
同期であるあなたは、Aさんに状況を聞いてみますが、
 
「時間がなくて新しいことを学ぶ暇がないんです」
「とにかくいっぱいいっぱいで」
「子供が小さくて手がかかるんで」
 
なにか分からないことがあれば教えるよ、といっても
 
ずっとこれでやってきたんで
今更無理だと思ってます」というAさん。
 
片付け苦手
 
という割には仕事中スマホゲームをしていると
他の社員から言われることも。
 
すごい時間におわれてやっつけ仕事の時もあるし
「時間がない!」が口癖のわりに
午前中ほとんど動いてない。なぜ。
 
 
自らの成長を望まず、部下のフォローも難しい。
 
同じ部署のあなたは頭を抱えています。。。

誰だって最初はわかっていません

 
困りましたねーAさん。
仕事やる気ないなら会社辞めんかいと言いたいですが
 
実は、片付けが苦手な人をAさんに例えてみました。
 
 
 
生まれたときから片付けのことを
分かっている人はいないですね。
 
 
仕事もそう。
最初からバリバリ動ける人なんて皆無。
先輩から教えてもらって
自分なりに答えを出しながら成長していくもの。
 
 
変わりたい、
うまくなりたい
結果を出したい
 
そう思うとしたら、
うまくいっている人から学び、
トライ&エラーでやってみますよね。
 
 
 
見よう見まねでやっててうまくいっていないのに
なんとか過ごせているからこれでいいかと思っていると
後から後から問題が山積みになって
手につけられない状態になってしまう。
 
ワーママ
そんな状況、ありませんか?
 

困った社員になっている?

 
先ほどの
>部下から不満が聞こえてきます。
 

これを子供に置き換えてみます。

 
「毎度言うことが曖昧でどう動いていいか分からない。
しかも指示が曖昧なのに、自分も行動に移せてない。
 
終いには<私、仕事できないからさ>と開き直るんです」
 
→(子供)「片付けろ片付けろというけど
片付けてみたら、そうじゃないとかいう。
 
お母さんだって、いっつもモノを探してて
片付けできてない。
 
しまいには「私、片付けできないから」っていう。
意味わかんない」
 
 
>すごい時間におわれてやっつけ仕事の時もあるし
「時間がない!」が口癖のわりに
午前中ほとんど動いてない。なぜ。
 
時間の使い方もお金の管理も曖昧に・・・。
 
 
 
誇張して書いてみましたが
「片付けできない」で数十年過ごすということは
会社に置き換えると、
学びを止めた困った社員の様になるということ。
 
 
できないなら、出来る人から学ぶ。

家事も、ビジネスも、メンタルも。

そっちの方が早いし、楽だし、
結果も早いんですね。
 
 
 
やった方がいいとわかっているのにできていないなら
「これいいよ」と進められて買って活かせてない教材と同じです。
 

もちろん、片付けはお母さんだけでなく、
一緒に暮らす人、使った人が「戻す」ことが大事。

誰か1人だけ頑張らなくてもいいんです。

頑張らなくてもいいように、
学ぶ必要があるということ。

情報を入れなおしていけばいいんです

 
出会った起業を加速するのも
自分のペースで淡々と続けるのも
人の投稿や発言に心乱されにくくするのも
 
整える方法を自分で選んでおくこと
人生に突如おこる不測の事態に対処しやすく
 
妊娠出産介護など一時的に片付けにくい状況を過ぎた後でも
モノや周りの状況に振り回されない
「自分」が主役の暮らしに繋がっていきます。
 
 
誰だって「初めて」があります。
そこから先、何を選ぶかで人生は変わっていきます。
 
現在は過去の積み重ねってよく聞きますよね。
 
過去を癒す必要もないし
うまくいかなかった自分を責めることも要らない。
ただ「なりたい自分」に向かって情報を
入れなおしていけばいいんです。
 
 

一緒にやってみる仲間も必要

 
モノが主役の家で暮らしていた時、
いつも片付け出来ない自分に劣等感を持ち
片付けできない理由を探していました。
 
でも、「夫に片付けられる女であること」が
なりたい私ではありませんでした。
 
 
 
もし、なりたい「私」に今離れているなら
無理なく、楽しく近づいていける方法を見つけ
実践することが必要なのかもしれないですね。
 
洋服の片付け
 
やってみると、難しいと思っていたことが
意外と簡単だったりします。
 
でも一人じゃ気づけないことも沢山ある。
 
 
先日、ご感想を下さったわくしまみわさんの言葉、
 
みんなちがってみんないい!
片付けで自分も相手も認められるようになって、
ビックリ嬉しい収穫です
 
片付けを始めると、

そんな驚きのおまけがついてくるかもしれないですよ♡

おまけ

 

 

 
 
ABOUT ME
山田明日美
山田明日美
夫、小学4年生、年長の子供の4人暮らし。 愛知県長久手市在住 ライフオーガナイザー® 子供からオフィスまで幅広く一人一人に合った片づけを伝えている。 自分・家族の「好き」「大切」を生かした空間作りや提案が好評。 分かりやすい内容に、受講後に片付け始める人が続出。 特に子供向け講座では、その日から自ら片づけるお子さんの姿に 親御さんから嬉しい報告をいただくこと多数。 好きなキーワードは 「迷わない、探さない、頑張らない」。 活動4か月で大阪で講座開催、 半年で東京で開催、 長久手市民支援起業塾のゲスト講師で登壇 活動9か月で福岡で開催 1か月で講座に47人集客。 「片付けることは夢をかなえることと同じ」を モットーに日々活動中。
error: Content is protected !!