片付くヒント

終活アドバイザーをとりました。

 
最期の時は誰にでも必ず訪れます。でも、自分事として考えることって中々ありません。「まだ元気だし」「時間が来たらやろう」。でも、期限があるからこそ、今生きていることに感謝でき、これからの人生をより楽しめるようになる。そのために学んだこととは。
 

終活を学び、実践

 
さて、私事ですが
 
「終活アドバイザー」を取得いたしました。

学んだのはユーキャン。
1冊のテキストごとにテストを受け郵送
3回のテストが終わった後に認定テストを送って終了です。

テストはすべてマークシートでした。

終活アドバイザーの勉強期間は

ユーキャンのテキストは一回15分から30分程度で終わる内容です。それとは別に「エンディングノート」があり、書き込みながらやっていくと、個人情報を記載したり、いろんな思いを馳せたりで多い時は1時間ほどかかった日もありました。
3冊のテキストと3回の試験、最後の最終テストを合わせて2か月ほどで終了しました。

 

終活アドバイザーを取った感想

この資格だけで一本で生計を立てるのは無理です。なぜなら、制度の利用など専門知識が必要な分野が多々あります。専門資格を先に有していて、終活アドバイザーの内容をかけ合わせることがサービスの幅を広げることにつながる、といった印象です。ある程度の知識があり、相談内容を専門職につなぐ役割の方が大きいと思われます。

終活アドバイザーを学んでみての感想

 
誰もが簡単に学べるけれど、なかなか手が伸びない終活。
 
学びながら思ったことは、「後悔なく生きたい」。

5年後死ぬとしたら、
私は今このことに悩んでいるだろうか。
 
そんな自分への問いもあり、
随分と身も心も軽くなる機会になりました。
 
 
自分のために学んだことでしたが、
色々終活を学び、棚卸をしていくと
人とかモノとかにさらに執着がなくなったんですね
 
いつか宇宙のチリになるなら
こんなことに悩むのなんかもったいないかなって
 
 
 
制度はどんどん変わるけれど、
より良く生きたいという気持ちは不変。
 
片付けを伝える立場として、
これからも楽に生きられるサポートをしていきたい。
終活を学んだことで、先を見据えた提案ができるチカラにもなったと思います。
 
 
 
一番若い今できることが
5年後同じようにできるとは限らないから。
 
 
今を大事に、未来のために。
 
ABOUT ME
山田明日美
山田明日美
夫、小学5年生、1年生の子供の4人暮らし。 愛知県長久手市在住 おうちマネジメント ライフオーガナイザー® 起業女性に、豊かさを生み出すビジネス整理術を伝えている。一主婦から起業し、全国にクライアント多数。起業女性の社会進出支援と次世代への片付け教育をライフワークとしている。テレビ・ラジオや自宅片付けアイデアが全国配信されるなどメディア出演も多い。 「片付けで起業ママを応援し、女性がもっと輝く社会を実現する」を 掲げ日々活動中。
片付けメルマガ
error: Content is protected !!