片付くヒント

起業しても一度も家が荒れ続けなかった理由

片付けのプロとして活動を始めて一番よかったこと。

それは
「一度も家が荒れ続けたことがない」
ことです。

誤解のないように伝えておきますと、
常に完璧な状態である
ということではありません。

むしろ、
完璧を目指さないから荒れ続けない 
のです。

うーん、よくわからんよ山田さん
そんな声が画面越しに聞こえてきそうですね。

今回は「荒れ続けない秘密」をお伝えします。

片付けメルマガ

それ、無理です。

例えば、どんなお部屋にしたいですか?と聞かれた時に
「モデルルームのようなスッキリとした空間に住みたい」
「とにかくなんもない状態に」
といったことを言う方は要注意。

はっきり言いますと、
「無理」です。


ガビーン(死語)

モデルルームって、部屋を広く見せるために
極力家具や収納用品を絞っておいているところが多いもの。

子育て世代に間違いなく向かない「魅せる」家具が置かれ
使いやすさナッシング。

椅子の上に洋服がミルフィーユみたいに重なってないし
バッグが床置きされてないし
学校のプリントが冷蔵庫に貼られたりしてません。
(夢を売る場所だからそりゃ当然)

収納用品が圧倒的に少ないんです。

モデルルーム

でも、
生きていれば髪の毛落ちるし
埃は舞うし
雨の日続けば洗濯物はたまるし

収納用品がなければ、
置けるところにぽいぽいおいて
床置きされて動線をふさいだら一気に加速して

自宅が荒れていきます。

何もない状態って
逆に生活しづらいんですね。

(ミニマリスト目指すなら話は変わりますが)

原因はこれだった

リビングにはリビングに必要な収納用品を置いて
そこで使うものを収めるものがあって
一時的にキッチンカウンターが山になっても
戻せる場所があるから、荒れ続けない。


行先がちゃんとある。

家が荒れ続ける原因は、

・片付けの方法を知らないこと
→どう片付けていいか分からないので
とりあえずまとめて、、で山になり荒れていく

・片付ける時間の見通しが立っていないこと
→5分で戻せるなら時間を確保できれば戻せる
でもどれくらいかかるのか分からないと嫌になり
どんどん後回しになるので荒れていく

・家族が片づけられない
→お母さんしかモノの場所を把握しておらず
家族に協力してもらいたくても
家族から「どこに何があるかわからない」と言われ

全部自分がやる羽目になり、
時間がなくて荒れていく

そう、

片付けの方法を知っていて
片付ける時間の見通しが立っていて
家族が協力してくれる

一時的に荒れても
元に戻せるお家になるんです。

自分基準の仕組みで

「このおもちゃのお家がどこですか?」
子供に聞くと、自分で決めた場所へ戻します。

起業関係の書類は普段テレビの横に山積みですが、
寝る前には自分が決めた場所に置きに行きます。

疲れて何もしたくない時は
一時置きの場所へ全部まとめて
次の日の自分に回します。

余白を敢えて作ること。

思考も空間も2割の余裕を意識的に持つことで
一度にいろんなものが入ってきても
一時的に仮置きして優先順位を決めて
それぞれの場所へ。

モノも情報も日々のタスクもたどるプロセスは同じです。

自分のゴールに向かって「今」「これから」
必要なもの・ことを
忘れないように、必要以上抱えないように

完璧じゃないから自分が出来る方法を
定期的に見直して今に至ります。

片付けながら起業を加速できる理由

それは、
どんどん思考の整理が進んで
不要なものを手放すことで
「やりたいこと」しか残らないから。

片付けで本格的に活動を始めたのが
昨年3月。

その月から講座が満席で開催し、
招致で大阪、東京、福岡と開催
全然畑違いのビジネス講座まで依頼が来たり

少しずつ片付けを面白いと思ってくださる方が
増えてきて「明日美さんに会いたいです!」と
会ったことない方から嬉しい感想を頂ける

とにかくがむしゃらに走ってきた2年前
周りから必死すぎて引く、と言われるくらい
ただただ盲目的にやってきた姿勢から

いいところだけは残して
結果が伴わず自分も辛かったことは手放したことで

今、その軌跡を「マイスタイル片付け講座」
お伝えすることができているという。

マイスタイル片付け講座

詳細はこちらから

長く続けられる起業を。

いやもう本当「自分をあきらめ」なくてよかったと
心から思います。

私のスタイルは、一気に月商七桁をあげるようなものではありませんが
長く起業を楽しく続けることができて
たった一人のお客様に出会うために
自分のやるべきことを確実にこなしていける

それが結果として集客、豊かさ、信頼に
繋がっていくことを実感しています。


2018年12月 福岡にて

やりたいことで始めた起業が
なんとなく辛いと感じているなら
整理し、何をこれから残して手放すのかを
考えるタイミングではないでしょうか。

本当の自分の気持ちを見ない振りして進めると
行先は「生きづらさ」になってしまうから。

 

人生はあっという間です。

もっともっと楽しんでいい。
もっともっと豊かになっていい。

そう自分を許すことで
「〇〇さんに会いたかったんです!」

そういわれる人になりませんか。

暮らしやすく生きやすいスキルとマインドは
自分の中に答えがあります。

 

ピカピカに光る未来の自分を見つける旅を、
ぜひご一緒に(^^)v

 

ABOUT ME
山田明日美
山田明日美
夫、小学5年生、1年生の子供の4人暮らし。 愛知県長久手市在住 おうちマネジメント ライフオーガナイザー® 起業女性に、豊かさを生み出すビジネス整理術を伝えている。一主婦から起業し、全国にクライアント多数。起業女性の社会進出支援と次世代への片付け教育をライフワークとしている。テレビ・ラジオや自宅片付けアイデアが全国配信されるなどメディア出演も多い。 「片付けで起業ママを応援し、女性がもっと輝く社会を実現する」を 掲げ日々活動中。
片付けメルマガ
error: Content is protected !!