起業で使えるアイデア

オンライン講座で参加者さんにがっかりさせないために見た目で大事なこと

オンライン講座を開催する、もしくは受講する時する時、画面をみて「…ちょっと残念だな」と思ったりすることってないですか。そう思う原因はいろいろありますが、「見た目」に限って言うとどうしても大事なことがあります。今回は自分が講師側でオンライン講座を開催する際に、がっかりされないために大事なことをお伝えします。(自戒を込めて。涙)

コロナ太りが講師にもたらす悪影響

「コロナ太り」。自粛期間中、食べることが癒しや楽しみで太る。そんな方も多かったのではないでしょうか。もれなく私もそうなりました。

前回の自粛期間中、メンタル落ちまくって活動も自粛し、短期間で4キロ太りました。

 


体重計みたくないいいいいいい

 

4キロ太るとどうなるか。
 
腰回りがきつくなり、普段きているズボンのボタンが止まらない、「よっこいしょ」と普段の動作がえらくスローになる
 
 
何より
 
 

「オンラインでの自分の顔がアンパンマン」。

 
 
リアルで会えばそこまで感じにくい体重の変化も、オンラインだと平面でしか映らないので、痩せている人も「のっぺりと太く見える」事実が…
 
 
 
体調が戻り、オンラインで講座をしたり受けたりする中で「自己管理できてない」私の顔がずーっとずーっと映し出されているわけです。
 
 
痩せることが正義ではなくて「いい感じのヘルシーさ(健康感)」って本当大事なんだと、自分の顔をみて感じたんですね。
 
 
 
ふくよかさ、って豊かさをイメージさせるものでもあるから、ビジネスの内容によってプラスのイメージに働くことがあると思います。
 
でも、ご自身のビジネスにふくよかさ、ってプラスにならない場合、
例えば、スポーツや健康のことを仕事にしていて、明らかにふくよかな場合、この人から習いたいと思うでしょうか。
 
教育系のコンテンツでぽっちゃりを超えている人から「これを学ぶと選ぶモノに迷いが減りますよ」と言われたときに
 
「いやでもあなた、大分食べるもの迷ってませんか」とつっこみたくなりませんか。(毒舌失礼
 
 
 
体調管理、大丈夫かしら…という見ている側に不安を与え、信頼を損なう要因になってしまうことも。

見た目が大事…今日からできること1つめ

食べることが悪いのではなくて、ストレス解消がたべること「しか」ないことが問題なわけです。
 
お酒もたばこもギャンブルも楽しんでるうちは問題ないのと同じ。
それしかなくなってくるから依存して人生アレでアレになってしまうわけです。(えらいざっくり)
 
 
ちょっとぽっちゃりしてきたなと感じてたら、まずは、ご自身の食べるものと食べる時間を見直してみましょう。
 

20時以降食べないだけでも、緩やかな体重減少につながります。

見た目が大事…今日からできること2つめ

そしてもう一つ大事なこと、

オンラインで講座をしたり参加する時のカメラの位置、これは絶対に目線を間違えてはなりません。パソコン内蔵のカメラ、もしくはウェブカメラなどのカメラに対して、目線が少し下がるくらいまで上げて設定することが大事です。

 

何もしないままだと、テーブルや机の上にそのまま置いてカメラをかなり下に置く位置で映し出されていると思います。
その位置だと、マジでブスに見えます。

 
 
去年あるオンラインセミナーに参加したんです。
ママ向け講座で、講師は絶大な人気がある方。
 
 
画面でみた講師の方が
 
・・・あれ?
めっちゃ二重顎?
 
そう、PCのカメラの目線が全然合ってなくて、もともとふくよかなのに、さらに「ふくよかな二重顎をずっと見せられる状況」にかなりキツイ時間となりました。。。
 
 
これは、カメラが目線よりだいぶ下になるとこんな風に、顔の下が強調される映りになります。そして、見ている方からすると見降ろされている印象になり、信頼度も下がる原因になります。
 
 
なので、目線よりちょっと下にカメラが来るように設置することを意識してみてください。
 
 
見た目で選ばれる、オンラインメインの時代だから反省をこめて、書きました・・・

あなたにとっての「快適さ」は?

健康だなあと感じるラインは人それぞれ。
 
あなたにとって、健康で快適だと感じる体型は?カラダの数値はいくつでしょうか。

 
自分の「心地よさ」を見えるもので作ってみるのもおすすめです。

ちなみに私は「体脂肪率25%以下、基礎代謝量高め、体重40キロ台後半」が目標で体質改善に取り組んでいます。

 
 
私たち講師は、お客様にとって「こうなりたいと願う、未来の私」です。
 
 
お客様に喜んでもらえる、信頼してもらえる。そんなヒントになりましたら幸いです。
 
ABOUT ME
山田明日美
山田明日美
夫、小学5年生、1年生の子供の4人暮らし。 愛知県長久手市在住 おうちマネジメント ライフオーガナイザー® 起業女性に、豊かさを生み出すビジネス整理術を伝えている。一主婦から起業し、全国にクライアント多数。起業女性の社会進出支援と次世代への片付け教育をライフワークとしている。テレビ・ラジオや自宅片付けアイデアが全国配信されるなどメディア出演も多い。 「片付けで起業ママを応援し、女性がもっと輝く社会を実現する」を 掲げ日々活動中。
片付けメルマガ
error: Content is protected !!