ライフオーガナイズ

片付けてくれてたのにキレる女

起業ママ

苦手すぎて片付けられる

今でこそ「片付けの現場が大好きです!!」
言っている私ですが

むかーしむかし(あるところに?)
自分ちが荒れた部屋すぎて
夫が片付けてくれていた過去があります。

ライフオーガナイザー®
ごめんねごめんね~(軽っ

細かい収納は苦手
とにかく積む、積む、積んでおく
広げたまま放置
押し入れにとにかくつっこむ

まだ学生のころ、部屋に遊びに来ていた彼(夫)が
見かねて片付けてくれる姿をみながら

あ、ありがとうございます。。。

となんかものすごい申し訳ない気持ちに。
( ;∀;)

片付けできない
大変申し訳ございません。

いやでもわからないんだわ

しかし。

片付けてくれるのはいいのですが
散らばったものを集めておいてくれるため
大体ここらへん、と把握していた私が
夫が集めてくれた後に

「ねえ、あれどこ置いた?」

きくことがしばしば。

夫は勝手に捨てることはしなかったのですが
ざっくりまとめて山にしてくれてて
微妙に変わると、モノの場所がわからない。

探し物
私)ちょ、待って。勝手に片付けないでよ。
場所がわからないじゃん

夫)は?
自分で片付けられないからだよね
片付けたのになぜ文句言われるの

ということを
ずーーーっと繰り返してました( ;∀;)

結婚し、出産後
夫は仕事で自宅で過ごす時間が減り
私は育児に追われ、モノの見直しはできぬまま

「これが便利!」というものを
買っては「私には使えない―( ;∀;)」モノを押し入れや
空いているスペースに突っ込んでました。


いやまだ入るでしょ!限界超えて!!

それは片付けではなかった

今、振り返ると夫がしてくれていた片付けは
「単なるモノの移動」であって
片付けではなかったこと

「あったら便利」は
無くてもなんとかなるということ

人にとって必要なモノが
私にとって必要とは限らないということ

そういうことを自省の念も込めて
感じております・・・・。

山田明日美
すみません。(本日二回目)

子どもにもやっていた「なんちゃって片付け」

実際、夫がやってくれていたような片付けを
私は子供にやっていた時期があります。

小さいから片付けられない

そう思って戻していたら

「お母さん、あれどこ」と聞かれて
イラッとするという。。

片付かない理由。

それは「量」が多くて
「場所」が決まっていないこと。

子供が片付けられない理由も
ちゃんとあるんだとわかったときに
「この仕組みじゃうまくいかないなら
これはどうだろう?」という視点が持てたことは
大きな余裕をもたらしてくれました。

無印収納
今の我が家です

それはそれでいいと思う

苦手は苦手なこととしてあるけれど
きっとできることも沢山ある。

片付けという行為を通して
私は「選ぶ」ことがこんなにも
楽しく、楽になることを実感できたことは
今も私の心の支えです。

好きな事で起業して、
これからもどんどんステージアップできるように

ご自身に合った片付けで、
さらに起業と家事を楽しめる毎日を。

片付けが苦手な起業ママに

自分に合った片付けで、起業も家事も圧倒的に楽になる!
なりたい暮らしがかなう無料メール講座
詳細はこちらから 

片付けの順番、事例を知りたい方はこちら
利き脳片付け®収納術講座
(名古屋市吹上で開催)


モノ・時間・情報・心の整理をされたい方はこちら
マイスタイル片付け講座(来春以降開催)

親子で片付けを学びたい方はこちら
あいうえおかたづけ講座(小学生対象)

ご自身にあった片付けアドバイスを知りたい方はこちら
片付け相談@zoom

忙しく一人で片付けが難しい方・片付けサポートに入ってほしい方はこちら
片付けサポート
※ただいま満席にて2019年2月より受付開始です。

 

ツイッターバナー
ABOUT ME
山田明日美
山田明日美
夫、小学3年生、年中の子供の4人暮らし。 愛知県長久手市在住 ライフオーガナイザー® 子供からオフィスまで幅広く一人一人に合った片づけを伝えている。 自分・家族の「好き」「大切」を生かした空間作りや コーチングの知識を生かした提案が好評。 片付け講座を定期的に開催している。 好きなキーワードは 「迷わない、探さない、頑張らない」。 活動4か月で大阪で講座開催、 半年で東京で開催、 長久手市民支援起業塾のゲスト講師で登壇 1か月で講座に47人集客。 「片付けることは夢をかなえることと同じ」を モットーに日々活動中。
error: Content is protected !!