自宅実例やおすすめ商品

【開催報告】「もし家族が自宅療養になったなら」オンラインシェア会を行いました

もし家族が自宅療養になったなら。
 
突然症状が現れた朝から、自宅待機終了までの2週間をどう過ごしたのか。我が家のリアルをオンラインでシェアする会を開催しました。今回はそのシェア会の内容と頂いたご感想をご紹介します。
 
あなたが、家族が、自宅療養になったら。想像しながら読んでみてください。

 

家族が発症したと思われる時にやることは?

今回夫がコロナ陽性になり、自宅療養→ホテル療養→帰宅の経過をブログに記載しました。
 
「もし家族が自宅療養になったなら」のオンラインシェア会では、20名満席で無事開催いたしました。
 
(主催なのに写真映りが残念で自分にスタンプを押すという 苦笑)

久々に大勢の前で話すので正直ちょっと緊張していたのですが、始まったら楽しくて、気づけば宮崎弁がでてました。(≧▽≦)

 
シェア会では、「夫が自宅療養になった時」をメインにお話させていただきまして、時折質問形式で皆さんだったらどうする?というご意見をチャットに書き込んで共有する、という流れで行いました。
 
まず、
家族が発症したと思われるときにやることは?
 
と私が聞いた時に
 
数人の方が首をかしげて
 
・・・え?
 
みたいな表情をされていたのが印象的でした。
 
 
そうそう、実際自分が想定外の状況になったら思考止まるのです、本当に。
 
「全身状態の観察」
「マスクつけて、換気!」
「水分補給」
 
色々なご意見でましたが、症状が出たと思われる時は、

「隔離」

です。
 
まず、距離をとる。
 
 
今回は夫ははっきりとした発熱だったので、すぐ隔離という対応ができましたが頭痛や咳などだとちょっとわかりづらいですね。
 
ただ、これだけ感染が増えてきているので、コロナ感染を疑われる症状が出た場合は大事をとって「隔離」は心理的に安心ではないかと思います。
 
 
次に皆さんに聞いたことは、

「隔離できる場所ありますか?」
 
自宅の間取りを見て、ドアで仕切りがあるような個室がとれるところ。

 
個室管理が難しいお子さんでも、発熱など出たとき寝る場所をどうするか先に決めておいて、いざという時にあちこち部屋を移動しないように。
(消毒する手間も増えるから)

食べられるものと、それをいれる容器の気づき

あとは、
「あなたが体調悪い時に食べられるものはなんですか?」
を聞いてみたところ、
 
「梅がゆ」
「ゼリー」
「プリン」
「りんごのすりおろし」
 
変わり種?では
「かつ丼」
「カステラ」
 
消化に良いものを食べましょうか(≧▽≦)
 
 
風邪を引いた時におすすめの食べ物とは

明治さんのサイトを貼っておきます↓
 
 
普段から免疫力につながる栄養素の摂取も必要だなと思いました。
 
結構知らないこと多いなあ、、、
 
 
さて、陽性者への御飯の差し入れに使う食器、厚生労働省のサイトでは洗い分けは必要ないとのことでしたが
 
今回気分的に使い捨て容器を使いました。
(エビデンスないから本当に気分的)
 
ここで盲点だったのが
「うどんをいれる使い捨て容器がない」
 
防災用に紙皿は沢山あるんですが平皿しかない…
汁物、入れられない…
 
 
冷食チンしたこれ、どうするよ?ということで百均で購入しました。
 
自宅療養の食事
使い捨てのどんぶり容器。
 
 
あと、スープとかは小さい紙コップに容量が入らないので、少し大きめ(我が家はファミマで買ってた270ml入る紙コップ)があると非常に便利です。ホテル療養にも、この大き目の紙コップとインスタントスープを夫は持参して、大変重宝したといっていました。

あれば安心が増す、医療機器

血中の酸素飽和度を測定するパルスオキシメーターについては、保健所から貸し出しされますが「すぐには」届きません。
 
これは現時点では、陽性者の配食サービスと同じ。
 
陽性者が増え自宅療養が増えてきているので、貸し出しが追い付かないという状況も考えると、事前に用意しておくと安心だと思います。
 
 
 
重症でないCOVID-19患者に在宅モニタリングツールとしてパルスオキシメーターを配布し8時間おきにSpO2測定を求め、92%未満の値が連続または緊急を要する場合に再度救急を受診するよう指示
 
 
高熱と症状を訴えるだけでは、正直次の処置は望みにくそう、、、
 
パルスオキシメーターの値は大きな判断材料になりますので、我が家は追加購入しました。
自宅療養パルスオキシメーター

シェア会は1時間でしたが、私と参加者さんとのあたたかい交流もでき、とても素敵な時間となりました。耳だけ参加の方も、コメントを沢山書き込んでくれまして、とても嬉しかったです。

 

シェア会に参加された方のご感想

シェア会終了後、参加された方から沢山のご感想を頂きました。
 
 
「昨日は本当にありがとう。旦那さんが無事でほんとによかったし、非常に有意義な時間だった
 

まだ一段落されたばかりなのにシェアしようと思われた事がとにかく尊敬です。
メンタル的にも大変だったのが伝わってきました。準備としては、インフルエンザやノロと大体共通するかなと思いました。
私は両方うつると辛いので教えて頂いたのに近いような対応をしていました^^;)
もちろんコロナはそれ以上に周囲への気遣い、命の不安、ストレス等々が加わるので
比較できるものではないですが・・・とにかく参考になりました。ありがとうございました!」

「いつ家庭内に感染者がでてもおかしくない。前もって準備しておくことの必要性を

ひしひしと感じています。早速行動に移します!!なかなか話しずらいことだったと思うけどあすみんがシェアしてくれたこと本当に感謝しています。」

「誹謗中傷の不安、めちゃくちゃ分かる!そして、周りには誹謗中傷する人が居ないとの言葉にはっとしました。自分で作り上げる世界ね、これ
あすみんの世界は愛がいっぱい♡
知りたい情報てんこ盛りなのと、いろいろ考えて動いていたあすみんに脱帽
 
「あすみん。

泣いちゃった(涙)ありがとうね。ありがとうありがとう
ありがとう!!!シェアしてくれて、ありがとう!
笑顔であすみんとハグできる日は、きっと、近いよね。
絶対、大丈夫!いつも、ありがとう」

「身近なリアルのお話しが聞けて本当に為になりました。
熱が出てからの行動すること。買って良かったもの。過ごし方。どれもいきなりだと対応出来ない事がいっぱいだと思います。とても分かりやすくお話ししてくれてやる事が明確になったと思います。いざとなったらは起きないでほしいけど、こちらを参考にさせてもらおうと思いました!
あすみん、愛のあるシェアをありがとうございます♡私は感動しっぱなしだよー(涙)
本当にありがとう」

「情報操作や恐怖心を煽るような内容が多くてコロナ関連のテレビもニュースも見ないという状態でした。だから知識もないままで何が必要か?どういう行動をとったらいいのか?というのも分かっていませんでした。
それを具体的な体験談を聞くことができてとても勉強になりました!体温計も2つ必要!盲点でした。何でもないうちから準備をする事ができるので助かります。
ブログを見て復習しつつ紹介してもらったおススメ品ポチっとしたり百均に行ってきます!本当にありがとうございました☆」

「あすみんさんのご主人様の、発症から回復までをお聞きできたので、準備はできると少し安心になりました。
私が風邪をひいたときにポカリを買ってくるのを夫にたのんだら、2リットルのペットボトルを買ってきたので腹が立った記憶がよみがえりました。歯ブラシを並べないという点とトイレ掃除はポリエチレン手袋というのが盲点でした。
お弁当がなかなか届かないというのも、体験者の家族でなければわからない事ですね。
大き目の紙コップとインスタントの汁もの持参も気づかないわー。KF94マスクも良いですね。
無印のポータブルディフューザーもコロナに関係なく欲しいです。
2週間で5万円使うのも辛いですね。
パルスオキシメーターは1年前に購入してありますが、1度も試したことが無いです。元気なうちに、使えるか試してみなければと思いました。
細かいことまで教えてくださってありがとうございました。」

「テレビで感染した方の様子や、自宅療養の話を見てきたり、仕事の関係者で感染した方が出たり、ということはありましたが、まだまだ身近に感じることができていませんでした。あすみんさんの体験談はどの内容も興味深く、具体的でわかりやすかったです。我が家で感染者が出たら、と具体的にシュミレーションし、対策を始めました。このようなシェアは本当にありがたいです。周囲の方への愛をいつも感じます。いつもありがとうございます。」

「先日は、リアルな体験談をどうもありがとうございます。正直、どこか他人事と思っていたのですが、今はどこで誰が感染してもおかしくない状況なのだと感じました。
新型コロナウィルスだけではなく、体調を崩すこともあるはずなので、色々備えておきます。具体的にどういうものを用意するべきか分かって、大変参考になりました。
シェアしていただいてありがとうございました。」

「コロナについては、今までご自身やご家族の経験談というものを生の声としてお聴きすることがなかったこともあり、大変勉強になりました。コメントも丁寧に拾ってくださり、参加者みなさん、積極的に発言コメントされていて、そこから伺えたお話からもまた新たな気づきもいただけて本当に感謝しております。
ご自宅での療養生活中のご様子、用意しておくべきもの、心構え、いずれも深く考えさせられる内容で、コロナ禍が広まる中、全然覚悟ができていないことに気付かされました。心構えもそうですが必要物資が足りていないことがよく分かったので、通勤途中に日々買い足しています。
そう、勉強になりました、で終わりにしては意味がない!ですよね。
この先、あすみんさんのような辛いご経験、ご主人のような苦しい闘病をされる方が増えないよう、いなくなるよう願いつつ、まずは自分の周りの備えをと思っています。
おつかれのところお時間割いてくださり、貴重なお話シェアしてくださって本当にありがとうございました。」

一部ですがご紹介させていただきました。
また、メルマガへのご感想も届いておりまして、本当にありがとうございます。

他にも、ブログでこのようにご紹介くださった方も…涙

とにかく明るい性教育「パンツの教室」インストラクター 学校・行政担当講師
すずき みちよさん

「家族がコロナにかかったら」

 
コンサルティング型の片付けのプロ ライフオーガナイザー®
西郷愛さん

「防災用品とは違う観点で。出来ることを考える」

「ちょっと、今のうちからやっておこうかな」と思えるきっかけになりましたら嬉しいです。

シェア会を終えて、今思うこと

私の中では、シェア会とブログ・メルマガで書いたことで、大分心の整理もつきました。ただ、正直なところ、自宅待機終了後、一週間は「やる気ゼロ」「とにかく眠い」という日々が続き、やっと心身ともに回復してきたという感じです。
 
 
この間、オンラインで仕事が継続できたことも私の視野を広げてくれました。
 
この一週間で、新しく
「オンラインセミナーデビューサポート」
「自然とお金が貯まるお金の整理セッション」
の2つが生まれました。
 
この日々から感じたこと
 
パンドラの箱に最後に残ったもの
それは、「希望」
 
 
かならず終わる日がくる。
 
一日も早い終息を心から願って。
 
 
 
ABOUT ME
山田明日美
夫、小学生2児の母。 愛知県長久手市在住 おうちマネジメント ライフオーガナイザー® 起業女性に、豊かさを生み出すビジネス整理術を伝えている。一主婦から起業し、全国にクライアント多数。起業女性の社会進出支援と次世代への片付け教育をライフワークとしている。テレビ・ラジオや自宅片付けアイデアが全国配信されるなどメディア出演も多い。 「片付けで起業ママを応援し、女性がもっと輝く社会を実現する」を 掲げ日々活動中。
error: Content is protected !!